WiMAX WM3800RからWiMAX2+ WX01に機種変

この記事は2015年4月4日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

2年前からwimaxを契約し不便なく使用していたのですが、春以降からwimaxの周波数帯がwimax2+の切り替えされ、自分の環境でも体感できるほど速度が遅くなってきました。
そこでwimax2+に乗り換えをしてみました。

以前はNECのWM3800R使用し、特に故障することもなくずっと稼働していてくれたので今回もNEC製のWX01を購入してみました。

外箱は至ってシンプル。カラーはディープブルーを購入したので外箱も青なのかな?
01

内容物は本体と裏蓋・バッテリー・説明書・auのsimカード・USBケーブルとそれをコンセントとつなぐアダプタ。
02

自分は同時にクレードルも同時に購入しました。充電が楽なので!
03

本体はきれいなブルー。非常に綺麗ですが、指紋が結構つきます。
04

大きさもWM3800Rより大きくなっているので、携帯性は少し落ちますがその分電池の容量は800mAhから2500mAhへ3倍強になっています。
一応比較するとこんな感じです。
05

外見もシンプルで、ボタン類はすべて液晶下にまとまっていて左からSET・SELECT・電源の3つ。
あとはその下の側面に充電するためのmicroUSBポート1つです。
06

で、問題の速度ですがかなり良い感じです。
そもそも遅くなっているのと比較しているので、体感としても早く感じてしまうのですが、実測値でも良い数値がでました。

以下の計測はiphone6でアプリはRBB SPEEDを使用して3回の平均です。
また自分の環境下での数値のためあくまで参考数値として下さい。

WM3800R
下り:5.88Mbps
上り:1.55Mbps
ping:84

WX01
下り:27.69Mbps
上り:4.5Mbps
ping:34

またWX01は5Ghzでの接続が可能なので、そちらも計測してみました。
07

WX01(5Ghz接続)
下り:48.15Mbps
上り:9.54Mbps
ping:35

倍近くになりました。5Ghzは屋外の使用はNGとのことですが、家や屋内で使用するときは5Ghzでの使用が良さそうです。

自分としては速度も早くなり結果としては満足しています。
ただこの機種を購入される方はちゃんと調べてから購入されたほうがよさそうです。
この機種はWiMAXとWiMAX2+で通信可能ですが、切り替えは自動で自分で通信モード切り替えはできません。
WiMAXでの通信は基本無制限ですが、WiMAX2+では7G制限があり(ギガ放題プラン出ない場合)
制限が掛かっても切り替えできないのはかなりの弱点です。
もしかすると今後ファームウェアで対応する可能性もありますが。。
この機種を買うなら7G制限の無いギガ放題プランで契約したほうが、今のところ安心して使用できるかと思います。

と気を付ける点もありますが、これで日々のストレスから開放されそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

ads

ページトップへ

© hifi-dev All Rights Reserved.
kenboh
profile
kenboh

follow