USB接続でデュアルディスプレイできるDuetDisplay

この記事は2015年3月2日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

元Apple社のエンジニアの方が開発して話題になっていたDuet Display。
USB接続可能で遅延がほとんどないと評判だったアプリが800円とセールだったので購入して試してみました。

まずはmacに公式サイトからDuetというソフトウェアをダウンロードします。01

上にある「Download Duet」をクリックすると「DuetDisplay.zip」ファイルがダウンロードできます。
「DuetDisplay.zip」ファイルを解凍すると、「Duet.app」というファイルができるのでそちらを起動します。

02
このような画面が出てくるので再起動をします。

03
再起動後ソフトウェアを起動するとタスクバーにこのようなdマークがあればOKです。
mac側の準備は以上です。

続いてiphoneアプリを購入しDuet Displayアプリを起動します。
あとはライトニングケーブルをmacに繋げれば接続完了です。

04
以前Air Displayというアプリでwi-fi接続のアプリを試してみましたが、wi-fi接続と言うこともあり遅延が酷い印象がありました。
しかしDuet DisplayはUSB接続のため遅延はほぼなく非常に快適に使用できます。
対応している環境の方にはとてもオススメできるアプリかと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

ads

ページトップへ

© hifi-dev All Rights Reserved.
kenboh
profile
kenboh

follow